安心なのに安い! | フィラリア・ノミ・ダニなどの寄生虫を駆除する猫の薬!

フィラリア・ノミ・ダニなどの寄生虫を駆除する猫の薬!

安心なのに安い!

白い薬

寄生虫の予防薬や駆除薬である猫の薬を購入する際に、とても安い値段の医薬品があるのを見かけたことはあるのではないでしょうか。個人輸入代行を利用すると、通常の動物病院で購入する薬代よりも安く購入することができるのですが、更に安い値段で購入できるものがあります。それが、ジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分を使って新たに開発された医薬品のことです。ジェネリック医薬品を選ぶと、同じ成分を使っているのに新薬よりも5000円〜6000円程安い料金で購入することが可能になります。新薬とジェネリック医薬品の値段の差がなぜそこまで大きいのか気になる人もいるのではないでしょうか。
結論を言うと、開発期間に差があるからです。新薬は、新しく一から薬を開発していくので、どの成分がどの病気に有効なのか、使用して安全なのかを確かめることから始めなければいけません。何にもないところからのスタートなので、開発には15年ほど時間がかかってしまいます。それに比べ、ジェネリック医薬品は元々新薬で使われている有効成分を使用して開発をしています。新薬を開発する際に、既にその成分が安全なのか確認されているため、安全と確認された成分を改良していくだけの作業のため、開発期間は5年ほどで済みます。新薬とジェネリック医薬品では、10年程開発期間に差があるため、もちろん開発にかかっている費用も新薬とジェネリック医薬品では違っているのが分かりますよね。開発にかかった費用が少ないジェネリック医薬品だからこそ、新薬よりも5000円ほど安く購入することができるようになっているのです。
もちろん、同じ成分を使っているのでジェネリック医薬品は安全ですし、ジェネリック医薬品は、飲みやすいように工夫している医薬品です。薬が苦手だという人は、ジェネリック医薬品を選ぶ方が飲めるかもしれませんね。

↑ PAGE TOP